当サイトはいろんな猫ちゃんの種類や性格・年齢・寿命や飼い方などの情報をご提供します。あなたにピッタリな猫ちゃんとの幸せな人生を実現してください。

 

猫ちゃんの手作りのおやつや餌を与える方が増えてきています。 レシピもいろいろ紹介されています。 はじめて食べさせるレシピは、猫ちゃんの好みではなかったりして失敗もあるかもしれませんがへこまずにいろいろな手作りのおやつや餌に挑戦してみましょう(笑)今回は、猫ちゃんが好きそうな手作りのおやつのレシピをたくさん紹介します。

 

猫ちゃん用の手作りのさつまいもクッキー

 

材料・・・さつまいも・薄力粉・胡麻・ベーキングパウダー・豆乳

作り方・・・ ① 薄力粉(30g)とベーキングパウダー(小さじ1/2)をふるう
     ② さつまいもをよく洗い、レンジで加熱します(1分半)
     ③ 熱いうちに、麺棒でさつまいもをつぶします
     ④ 豆乳(小さじ1)を加え、よく混ぜ合わせる
     ⑤ 薄力粉と胡麻(5g)をあわせ、ざるで③にふるい入れて混ぜます。
     ⑥ 粉っぽさがなくなってきたら生地をまとめる
      ※少量の豆乳を加え調整して下さい
     ⑦ 生地にラップをかけ、麺棒でのばす
     ⑧ 型で抜いて、180℃のオーブンで焼く(12分)
      ※胡麻は使う直前にすり鉢で細かくすってください。 

 

おやつにも餌にも使いたい胡麻の栄養を見直そう!

 

胡麻の栄養素や働きについて調べてみると、なんとびっくり!こんなにもいろいろな効果があるのですね~。 知らないともったいないので紹介しておきます。

 

胡麻5gで約30kcal。 含まれる栄養素は、カルシウム・ビタミンB1・食物繊維・ 鉄分・ゴマリグナン、と豊富です。 カルシウムに関していうと、牛乳の約12倍もふくまれるそうです。 そして、かわいい名前の栄養素出てきましたね、ゴマリグナン(笑)ゴマグリナンは、強力な抗酸化作用があり、細胞の老化防止や抗癌作用、高血圧の防止・動脈硬化の予防・肝臓の強化などさまざまな面で役立ちます。

 

手作りのおやつや餌のレシピに加える場合は、そのまま与えると消化に良くないので、すり胡麻にして消化を助けるなど工夫しましょう。

 

定番おやつ鶏のささみのジャーキーのレシピ

 

材料…鶏のささみ・

作り方・・・① 鶏のささみの筋を取り、薄くスライスする
      ② 天板に並べ、オーブンで160℃で焼く(30分)
      ③ さらに温度を130℃に設定し、焼く(10分)
      

おやつでも餌でも、やっぱり低カロリーの鶏のささみは猫ちゃんの手作りのレシピにかかせません。

 

サバの水煮缶を使ったケーキ

 

材料・・・サバの水煮缶・卵・食パン

作り方・・・① 卵を割り、細かくしたサバの身とちぎった食パンを加え混ぜる
     ② 天板にクッキングシートを敷き、①を小さじ1杯分ずつ、間隔を空けて置く
     ③ 180度のオーブンで焼く(7~8分)

ケーキのレシピですが、全く甘い要素がない(笑)

 

ところでみなさんは猫ちゃんに手作りのおやつや餌を食べさせた後の便のチェックはされていますか? 猫ちゃんは食べ物や体質によっては体調に影響が出る場合もあります。 とくに手作りの餌を食べ始めた時や、新しい食材を使った時などは、何か変わったことがないか様子をみるようにしたほうがいいですね。 猫ちゃんがおいしそうに完食したおやつや餌のレシピでも、その後下痢などの原因になったりしていないか知っておいた方がいいと思います。

 

人気の記事ランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
error: Content is protected !!