当サイトはいろんな猫ちゃんの種類や性格・年齢・寿命や飼い方などの情報をご提供します。あなたにピッタリな猫ちゃんとの幸せな人生を実現してください。

 

猫ちゃんのために一生懸命考えたレシピで手作りの餌を作って、食べてくれた時の喜びは大きいですよね。 ですが、100パーセント手作りの餌のレシピに挑戦するには、栄養面においてよほどの知識がないと難しいと思います。 そのためキャットフードと手作りの餌を上手に両立させて、猫ちゃんの体調をみながらその子にあった餌やレシピで対応していくというやり方でやっていくのが理想的ではないでしょうか。

 

そこで少し余裕ができたなら、猫ちゃんにおやつも手作りしてあげたくなりませんか? 実を言うと、普段の餌で栄養が足りていればおやつは必ずしも必要なわけではありません。 飼い主さんと猫ちゃんとのコミュニケーションの手段としておやつの時間というのを考えてみてはどうかなぁと思います。 そこで今回は、簡単に作れる猫ちゃんのための手作りのおやつのレシピを紹介します。

 

猫ちゃんが大好きな鶏のささみの団子のレシピ

 

材料・・・鶏のささみ・(にんじん・大根・きゅうり)・ブロッコリー

作り方・・・① ( )内の野菜は小さめに切り、さっとゆでる
      ② 鶏のささみをゆでてフードプロセッサーにかける
      ③ ②の鶏のささみで団子を作る
      ④ ①で切った野菜を上にのせる
      ⑤ ゆでたブロッコリーを添える
      ⑥ ささみのゆで汁をたっぷりかけてできあがり

      ※お団子にしてあげると食べやすくていいですよね~ 

 

手作りの卵ボーロのおやつレシピ

 

材料・・・卵・オリゴ糖・片栗粉・スキムミルク

作り方・・・① ボウルに溶き卵とオリゴ糖を入れ混ぜる
      ② ①に片栗粉・スキムミルクを入れ、手で混ぜてひとかたまりにする
      ③ ②1cmほどの大きさに丸め、アルミホイルをひいた天板の上に並べる
      ④ 予熱したオーブントースターで焼く。(7分程度)
      
  ※てのひらに乗せて猫ちゃんとコミュニケーションとりながら上げるといいですね

 

普段の餌とのバランスに注意!

 

さて、ではおやつを与えるタイミングはどうすればいいでしょうか? やはり普段の餌とはまた違いますし、特別な時に与えたいですよね。 たとえば、お留守番ができたときなど、しつけのご褒美とかにあげるといいのではないでしょうか。 注意したいのは、子猫の時期のおやつはあげないほうがよいということです。 あげていいのは成猫になってからです。

 

せっかく手作りのおやつのレシピを考え作っても与えすぎては、猫ちゃんがカロリーオーバーで、栄養バランスをくずしてしまい、肥満になってしまうことがあります。 普段の餌プラス手作りのおやつとなると、レシピに悩みますねえ。 また、その都度少量のレシピを作るのは効率が悪いので、いざという時のために材料を小分けにして冷凍保存しておくと使いやすくて便利だと思います。

 

友達の家の猫ちゃんの話ですが、完全室内で猫ちゃんを飼っているのですが、ごくたまに脱走してしまうので、その時は安全におうちに帰らせるためにおやつで釣るそうです(笑)
でもこれって、おやつ欲しさに脱走するのでは・・・汗
あまりおすすめしません(笑)

 

人気の記事ランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
error: Content is protected !!