当サイトはいろんな猫ちゃんの種類や性格・年齢・寿命や飼い方などの情報をご提供します。あなたにピッタリな猫ちゃんとの幸せな人生を実現してください。

oriental-overvieworiental-by-cc30

 

オリエンタルてどんな猫の種類

 

オリエンタルですが新しい猫の種類で、1950年代にイギリスで生まれました。 オリエンタル(ショートヘア)が生まれるきっかけとなったのは、第二次世界大戦の食糧不足です。 先の大戦の食糧難で猫や犬などの多くのペット犠牲となり、たくさんの品種が絶滅の危機にさらされました。 当然のことながらオリエンタルショートヘアの元となったシャム猫も絶滅寸前になります。 そこでシャム猫ブリーダーがシャムの種の存続のため交配を進めました。

 

これと同時にシャムのポイントカラーがくても安定した遺伝子の猫を作り出そうとしました。 これが後のオリエンタルショートヘアとなります。 またこの過程で突然変異でロングヘアの子が生まれました。
そしてこれを別の品種とし、オリエンタルロングヘアーという種類で公認されました。

 

オリエンタル猫の寿命・性格・特徴

 

オリエンタル猫の一番の特徴は、ピンとたった大きな耳とすらっとした体形です。 一般的に思い浮かべる猫は丸い猫をしていますが、面長です。 もちろんシャムネコの特徴も受け継いでいるので、シャムに似ています。 ですがその大きな耳からキツネのようにも見えますね。 細いわりには筋肉質で体重は平均3.0キロ~6.0キロくらいです。 それとこの猫のもう一つの特徴は、被毛の色の種類です。 そのバリエーションは約300種類の組み合わせがあるともいわれています。

 

この猫の性格ですが、これもシャムの要素を多く引き継いでいます。 比較的甘えん坊な個体が多く、神経質でわがままなのも特徴として見られます。

 

オリエンタルの寿命はおよそ12年~16年位です。 一般的な猫の種類と大体同じくらいですね。 ですが生活環境や個体の健康状態によって寿命は大きく変動します。 少しでも長生きしていっしょにいてもらえるよう、日頃から健康に気を使った食事をあげるようにしましょう。

 

オリエンタル猫の飼い方、値段は

 

オリエンタル猫の飼い方は、一般的な猫と大きな差はありません。 美しい被毛を保つため、短毛種の子は1日1回、長毛種の子は朝晩の1日2回を目安にブラッシングをしてあげたください。 また比較的スリムな体型なわりに肉質で、動くことが大好きです。 そのためとても活発に動き回ります。 キャットタワーなど用意してあげて十分に動き回れるスペースを作ってあげましょう。

 

それととても甘えん坊です。 あまり放っておくと、拗ねてしまって愛想がなくなってしまうので注意が必要です。 健康管理も兼ねて定期的に遊んであげたりかまってあげてください。 また神経質な面があります。 子供が走り回って大きな音がする場所や、知らない人にむやみやたらに触らせようとするのは大きなストレスとなります。 食欲不振になったりハゲてしまったりするのでやめましょう。 多頭飼いにも適していません。

 

この種類に限らず猫全般が腎臓系の病気にかかりやすいです。 ですので常に清潔な水を飲ませ、人の食べ物は極力与えないほうが良いでしょう。 細身なのでケガをしやすいです。 そこから様々な病気にかかってしまう可能性もあるので、できるだけ室内で飼うことをおススメします。

 

オリエンタル猫の値段ですが、ペットショップで売られていたとすると、はおよそ10万~20万円代で取引されるケースが多いです。 しかし今は猫ブームなので、もっと値段が高騰している可能性はあります。 お店によってまちまちなので問い合わせてみましょう。 ブリーダーからもらうという場合は、20万~30万くらいで売買されることが多いです。 ブリーダーの場合は特に値段には個人差が出てくるので、しっかり適正な価格で取引してくれる人を選びましょう。

 

実際購入する場合ですが、オリエンタルですがこの猫のよりも元祖のシャムのほうが人気があります。 そのため近くのペットショップで見かけるという機会は少ないかもしれません。 ですのでこの猫を買う場合は、ペットショップよりもブリーダーを当たったほうが早く手に入れやすいかもしれません。

 

人気の記事ランキング

error: Content is protected !!