当サイトはいろんな猫ちゃんの種類や性格・年齢・寿命や飼い方などの情報をご提供します。あなたにピッタリな猫ちゃんとの幸せな人生を実現してください。

 

ピーターボールドてどんな猫の種類

 

ロシアのサンクトペテルブルグで生まれた新しい種類の猫です。 オリエンタルショートヘアに、ドンスコイと呼ばれる無毛の猫を交配させることで生まれた4匹の子猫が元になっています。 この中に、とても滑らかな短い被毛を持つ子猫がいました。 この交配は実験的なものだったのですが、被毛に大きな特徴がある上に美しい子猫ちゃんが生まれて評判になり、繁殖の計画が始まりました。

 

ピーターボールド猫の寿命・性格・特徴

 

被毛が全くない猫ちゃんや、短くてキメの細かい毛が生えている猫ちゃんまでいます。 特に、桃の皮の表面やスウェードのような被毛はピーターボールドの大きな特徴といえるものです。 ピーターボールドの被毛は、細かく5種類に分けられます。 完全に無毛であるもの、一部に被毛があるもの、細かく短い被毛があるもの、ストレートの被毛があるもの、縮れたりしている被毛があるもの、どれもピーターボールドの猫ちゃんに見られるものです。 被毛のある猫ちゃんは、毛色や模様に多くのバリエーションが見られるのも特徴です。 

 

体型はオリエンタルショートヘアーに似ていますが、より筋肉質であることが特徴です。 活発で好奇心旺盛な性格です。 また、賢いだけでなく他の猫ちゃんやワンちゃんとも一緒に過ごせる性格です。

 

ピーターボールドの寿命は、まだ新しい種類の猫ちゃんであるためはっきりしていないようです。 オリエンタルショートヘアーの寿命が14歳~15歳であることから、ピーターボールドもこれに同じではないかとする記述が見られます。 ピーターボールドの元になっている、もう一方の猫、ドンスコイの寿命が10歳~13歳であることも考慮すると、オリエンタルショートヘアーの寿命より短い可能性も否定できません。 どんな種類の猫ちゃんでも、健康的な生活を送れば寿命よりも長く一緒に過ごせることは充分にありえます。ぜひ、猫ちゃんの健康に気を配った飼い方を心がけたいですね。

 

ピーターボールド猫の飼い方、値段は

 

ピーターボールドの飼い方は、運動量が多い猫ちゃんであるので、キャットタワーなど動き回れる環境を準備してあげましょう。 他のペットと一緒に生活できる性格ではありますが、被毛がなかったり非常に薄かったりするために、ちょっとしたケンカ中にお怪我をすることもあるので、注意してあげましょう。 もちろん、運動中のお怪我もしないよう、普段から気を配りましょう。

 

被毛の状態によって飼い方で必要になるお手入れの内容が変わります。 無毛の猫ちゃんであれば、お風呂に入れたり濡れたタオルで拭いて清潔にしてあげましょう。  普段過ごすお部屋の温度や日焼けの注意も飼い方として重要です。 ドンスコイのような無毛の猫ちゃんの飼い方も参考になりますよね。

 

大変珍しいため、おそらく、子猫ちゃんの入手先は海外のブリーダーさんになるでしょう。お値段は$1,000~$1,500あたりのようです。 ブリーダーさんのサイトを探して見てみると、お値段を出していない所がほとんどのようです。 飼いたい場合は、お値段も含めて直接お伺いする必要がありそうです。 また、猫ちゃんを運ぶためにかかる費用や手続きのお値段も前もって調べて用意しておく必要があります。

 

まだ新しく珍しい種類の猫ちゃんで、これからの繁殖が期待されています。 特徴ある見た目の美しさから、飼いたいと思う方もいらっしゃることでしょう。 入手にかかるお値段は高いものの、他のペットや飼い主さんと仲良く過ごす性格は嬉しいですよね。

 

人気の記事ランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
error: Content is protected !!