当サイトはいろんな猫ちゃんの種類や性格・年齢・寿命や飼い方などの情報をご提供します。あなたにピッタリな猫ちゃんとの幸せな人生を実現してください。

 

マンダレイてどんな猫の種類

 

ニュージーランドでバーミーズから派生して生まれた新しい猫ちゃんがマンダレイと呼ばれています。 バーミーズという種類のチャンピオンの雌猫ちゃんが、住まいから逃げた際に交配して偶然生まれた子猫が元になっています。 1988年のニュージーランド北部での出来事です。

 

バーミーズの被毛は、お顔やお耳やしっぽといった体の末端部分に他より濃い色がついているポインテッドと呼ばれる特徴のあるものです。 これに対して、偶然生まれた子猫ちゃんの被毛は漆黒でした。 さらに瞳の色は琥珀色という外見が目を引き、繁殖計画が始まりました。 マンダレイを新しい種類の猫として認めているのがNew Zealand Cat Fancy Incという団体だけで、まだまだ珍しい猫ちゃんです。

 

マンダレイ猫の寿命・性格・特徴

 

被毛以外の主な特徴は、バーミーズと同じです。 マンダレイの元になったバーミーズとの交配が認められていて、被毛の特徴によってこの2種類の猫ちゃんを分けています。 色の種類は豊富で、漆黒やチョコレート、ラベンダーなどがあります。 さらに1990年代にはシナモンやキャラメルといった色のマンダレイの猫ちゃんを作出する計画もありました。 また、前述のハプニングで生まれた漆黒の子猫ちゃんより前には、ニュージーランド南部でも赤味のある深い小豆色のマンダレイも偶然生まれています。

 

体重は約3.5㎏~6.5㎏です。 性格の特徴もバーミーズと似通っています。 人と親しくしやすいだけでなく、他のペットとも過ごすことのできる性格です。 初めてペットを迎え入れる方にも飼いやすい性格というのは嬉しいですね。

 

マンダレイの平均寿命は、だいたい13歳~15歳とされています。 やはりこちらの寿命もバーミーズの平均寿命と同じです。 バーミーズでは、この平均寿命を大きく超えて20年以上も生きた猫ちゃんもいたそうなので、健康に気を使ってあげれば、かなり長い間一緒に過ごすことも期待できそうですよね。

 

マンダレイ猫の飼い方、値段は

 

短毛種の猫ちゃんですので、ブラッシングは一日に1回から週に数回とする飼い方が見られます。 ブラッシングの回数の記載には幅があるようです。 ご自身の猫ちゃんの抜け毛の様子なども見てしてあげましょう。

 

活発なうえ、筋肉質な体つきの猫ちゃんです。 キャットタワーなど運動のための環境を整えてあげることも、マンダレイの飼い方に大切なことです。 また、人懐っこい性格のねこちゃんですので、一緒に遊んでコミュニケーションを取ってあげましょう。 猫ちゃんのエサも、体つきの特徴を考慮して蛋白質が多く摂れるものを選んであげてください。 飼い方で気を付ける事柄もバーミーズによく似ているので、参考になるでしょう。

 

マンダレイは新しい種類の猫ちゃんで、入手するには国内では難しくなります。 海外のあるブリーダーさんのサイトを見ると、$520や$600といったお値段が見られます。 このお値段の$80の差は、ワクチン接種の有無によります。 このワクチン接種の有無によって、お値段だけでなく入手可能な子猫ちゃんの週齢も変わってきます。 繁殖向けの子猫ちゃんになると、お値段は約2倍にもなります。 お値段をサイトに載せていないブリーダーさんもありますので、飼いたい場合には直接問い合わせてみましょう。

 

大変珍しい猫ちゃんにも関わらず、人懐っこく他のペットとも過ごせる性格なので飼い方が難しくないのは、魅力に感じる方も多いでしょう。 猫ちゃんとのコミュニケーションを楽しみたい飼い主さんにもいいですよね。 健康面に気を配った飼い方をすれば、現在言われている平均寿命よりも長く一緒に過ごすこともできるかもしれませんね。

 

人気の記事ランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
error: Content is protected !!