当サイトはいろんな猫ちゃんの種類や性格・年齢・寿命や飼い方などの情報をご提供します。あなたにピッタリな猫ちゃんとの幸せな人生を実現してください。

kind_of_cat-pixie_bobkind_of_cat-pixie_bob

 

ピクシーボブてどんな猫の種類

 

ピクシーボブはまだ新しい種類の猫ちゃんです。 1985年、カスケード山脈のふもとで、短いしっぽで斑点模様という特徴を持つオス猫をある女性が購入しました。 翌年にもこの女性は短いしっぽのオスの猫を見つけて保護しました。 そこで、しっぽの短い特徴を持つボブキャットに似た猫を作るための交配がスタートしたのが、このピクシーボブの始まりです。 カスケード地方にいる多くのしっぽの短い猫ちゃんやイエネコの雑種の猫ちゃんなどが交配に使われたようです。

 

ピクシーボブ猫の寿命・性格・特徴

 

見た目の一番の特徴は、短いしっぽです。 しかし、この短さが好ましいとされているだけで、元になった猫ちゃんは長いしっぽを持っていたこともあり、しっぽが長いこともあるようです。 筋肉質で骨格はしっかりしています。 体重は4㎏~8㎏ほどの猫の中では大型の種類です。 被毛の模様は、茶色の斑点です。被毛の長さは多くが短毛で、時々長毛の猫ちゃんも生まれてきます。 鳴き声が普通の猫とは違った特徴的なものです。

 

他のペットや子供とも仲良く暮らせる性格です。 また、飼い主をよく見ており、忠実な性格でもあるようです。 平均寿命は12歳~15歳とされているようです。 猫ちゃん全体の平均寿命からすると、数字ではよく分かりませんが、丈夫で長い寿命の猫ちゃんとされています。(海外で人気がある猫ちゃんであるため、比較が難しいかもしれませんね。)

ピクシーボブ猫の飼い方、値段は

 

大型の猫ちゃんなため、エサの量もそれだけ多くなります。 効率よくタンパク質、カルシウムを摂取できるよう、栄養価の高い種類のエサを選んであげてください。 運動に関しても、体つきが大きいため注意が必要になります。キャットタワーやおもちゃには壊れにくいものを選んで、運動好きのピクシーボブを満足させてあげましょう。 力も強い猫ちゃんなので、飼い主さんの怪我にも注意が必要です。 丈夫で寿命が長い猫ちゃんです。 飼い始めるときには、飼い方の知識を得るだけでなく、この種類の猫ちゃんとの生活に無理がないかよく考える事も必要ですね。 遺伝子の多様性も一つの特徴である猫になるため、遺伝性疾患が起きにくい丈夫な猫です。 これは、ピクシーボブの誕生に非常に多くの猫を用いたことによります。

 

飼い方では、人の言っていることを分かるとも言われているピクシーボブなので、しつけはしやすいようです。 また、犬のように飼い主とコミュニケーションをとることもできます。 なんと、投げたボールを取ってくる、リードをつけての散歩といったことができるようですよ。 普通の猫ちゃんの飼い方に比べて、大変ユニークな飼い方ができるようです。飼うのが楽しみな性格のようです。

 

お値段は約7万円のようです。 これは、海外のブリーダーさんでのお値段を参考にしています。 日本では珍しい種類の猫ちゃんですが、海外では人気があります。 ピクシーボブの猫ちゃんを飼いたいのであれば、海外のブリーダーさんを探すのが確実かもしれません。海外での購入の際、経済的な面で注意すべきは子猫ちゃん自身のお値段だけでなく、輸送や検疫のお値段も調べておかなければならない事です。他には、ワクチン接種、血液検査料、検疫手続き料いった費用が必要なようです。猫ちゃんのお値段だけでなく、他の費用も調べ、余裕をもって準備しておきたいですね。

 

しつけがしやすく、他の猫ちゃんがいる生活ができる性格なので、多くの猫ちゃんを飼いたいと考えている人でも無理のない飼い方ができるのがうれしいですよね。 体つきが大きく、しかも丈夫なピクシーボブなので、猫ちゃんの長い寿命にきちんと付き合い、お世話ができるか考えることも忘れないようにしたいです。 飼い主さんには忠実な性格なので、飼い主さんの性格も、この猫ちゃんの気持ちにも応えられるタイプだととてもいいですよね。

人気の記事ランキング

error: Content is protected !!