当サイトはいろんな猫ちゃんの種類や性格・年齢・寿命や飼い方などの情報をご提供します。あなたにピッタリな猫ちゃんとの幸せな人生を実現してください。

kind_of_cat-havana_brownkind_of_cat-havana_brown

 

ハバナブラウンてどんな猫の種類

 

始まりは古く、1890年代の初めにイギリスで偶然生まれた猫が、栗褐色の被毛と緑色の目を持っていました。 チョコレートポイントのシャムと黒猫との間に生まれたこの猫が、ハバナブラウンの始まりなのですが、一時は、見た目の特徴に人気がなくこの種類の猫の繁殖が行われなかったこともあります。 瞳の色が青でなく緑色であること、被毛が単色なことが当時不人気であった特徴のようです。 1950年代にはそれらの特徴が評価されるようになり、現在に至ります。

 

ハバナブラウン猫の寿命・性格・特徴

 

イギリスとアメリカで2種類の体型のハバナブラウンがいます。 イギリスのハバナブラウンは、細身が特徴の「オリエンタルタイプ」です。 アメリカでは、よりがっちりした体型の猫ちゃんの方が人気があり、「セミフォーリンタイプ」なのだそうです。 体型は2種類あるものの、被毛の色は共通です。 柔らかい被毛にはツヤがあり、色はチョコレートの個体が最も多くなります。 1964年にCFAというアメリカの愛猫団体での登録の際には、「ハバナブラウン」という名前の種類の猫として登録されました。 この当時はチョコレート色の被毛のものしかいなかったためだそうです。 ロシアンブルーやシャムとの交配が1974年まで認められており、今ではライラック色の被毛の個体もいます。 よって、海外では「ハバナ」を名称とするようになりました。日本ではハバナブラウンの名称をそのまま使用しています。

 

性格はシャムに似て元気で賢く、好奇心旺盛なようです。 中には芸を覚える猫ちゃんもいるようです。 こんな性格も魅力的な特徴ですね。 ハバナブラウンの寿命は11年~14年と言われています。 他の種類の猫ちゃんを合わせた平均の寿命である15年と比べると少し短いですよね。 さみしさ、嫉妬を感じる性格の猫ちゃんであるため、そのストレスが寿命に影響しているとも言われているようです。 そんなにかわいがってもらいたのね…。 かわいい性格の猫ちゃんです。 もしも、猫ちゃんのためにコミュニケーションを多くとったり、健康に気を付けて寿命が長くなるのであれば、かわいがりがいがありますよね。 食事管理を中心に飼い方に気を配って寿命への心配を減らせるといいですね。

 

ハバナブラウン猫の飼い方、値段は

 

飼い方は、多頭飼いをできれば避けたほうがいい性格の猫ちゃんかもしれません。 もしも他の猫と飼う場合には、ハバナブラウンの猫ちゃんを気に掛けるようにしてあげましょう。 長く構ってあげないといじけることもあるそうです。 キャットタワーなどの準備はもちろんですが、一緒に遊んであげるためのおもちゃの用意も、飼い方として大切なようです。 短毛種であるため、ブラッシングは1日1回程度、お風呂に入れる頻度は少な目でいいようです。 病気にはかかりにくいものの、猫風邪をひきやすいようです。 子猫ちゃんの時には特に気を付けてあげてください。

 

気になる猫ちゃんのお値段ですが、18万円前後のようです。 日本では珍しい種類のねこちゃんになるので、ペットショップではなかなか見掛けないかもしれません。 少し調べたところはっきり分かりませんでしたが、国内にブリーダーさんもいらっしゃるようなので、直接お値段や飼い方を伺うのが確実かもしれません。 海外のブリーダーさんでのお値段は5万円ほどのようです。 ただし、海外からの購入の際には、輸送にかかるお値段だけでなく、検疫のお手続き、予防接種、血液検査のお値段も調べておきましょう。 猫ちゃんを飼うに当たって必要なお手続き関係も含め、余裕を持った準備をしておきましょう。

 

猫ちゃんとのコミュニケーションを楽しむ飼い方をしたい人にはおススメの性格を持つ種類の猫ちゃんです。

人気の記事ランキング

error: Content is protected !!