当サイトはいろんな猫ちゃんの種類や性格・年齢・寿命や飼い方などの情報をご提供します。あなたにピッタリな猫ちゃんとの幸せな人生を実現してください。
no

cat_meal_recipe-sweet_potato

 

猫ちゃんは高齢になると消化機能や筋力が衰えて便秘になりやすいと言われています。 また最近は家の中だけで飼育することが多いため、運動不足になりがちなのも原因の一つかもしれません。 そんな便秘の悩みを解決するために、さつまいもを使った猫ちゃんの手作りの餌のレシピを紹介します。

 

猫ちゃんが便秘になりやすい理由は?

 

便秘の理由として考えられるのは、与えている餌が猫ちゃんに合っていない。 手作りの餌の場合は栄養のバランスが悪い。 大量の毛玉を飲み込んでしまっている。 事故による骨盤の変形。 掃除されていないトイレによるストレスなどがあげられます。

 

高齢になると消化機能も衰えるので手作りの餌を与えている場合は特に年齢に合ったレシピにしてあげることが必要です。 寒い季節は運動不足になり水を飲むことが減って便秘になりやすくなる場合があるので、食事から水分を摂れるようなレシピにするのも良いですね。

 

食物繊維が豊富なさつまいもの栄養素

 

さつまいもやかぼちゃは食物繊維が豊富で猫ちゃんの便秘に効く食材として使えます。 手作りの餌のレシピに積極的に取り入れ、与える際は食べやすいように小さく切ってあげるといいですね。

 

さつまいもには不溶性食物繊維のセルロースが含まれています。 セルロースは腸を刺激し、便通を促進するため便秘解消の効果があります。 腸の大掃除をしてくれるので大腸がんの予防として期待されています。

 

さつまいもには、ビタミンCやビタミンEも多く含まれています。 ビタミンCには抗酸化作用があり、皮膚や血管の老化を防ぎます。 ビタミンEには美肌効果があります。 また余分な塩分を排出するカリウムも豊富に含まれているので、高血圧の予防やむくみ防止に効果があります。 そのほかにも優秀なビタミンB群の数々や、ミネラル、カルシウムも多く含まれ、骨を丈夫にする働きがあります。

 

餌として有効な野菜の与え方

 

野菜を与える場合は、みじん切りにしたり、ゆでて胃腸に負担をかけないようにするのが理想的です。 スープにして与えるのもいいですね。

 

さつまいもは加熱してもビタミンCは壊れにくいという特徴を持っているので、手作りの餌を作るにあたって、どのようなレシピでも使いやすい食材です。

 

さつまいもを使った手作りのお味噌汁のレシピ

 

材料…豚ミンチ・にんじん・もやし・小松菜・油揚げ・さつまいも・しょうが・味噌

作り方・・・①  さつまいもは皮ごとみじん切りにし、水にさらしてアクを抜く。
    ②  野菜をみじん切りにする
    ③  鍋に材料とかぶるくらいの水をいれて中火にかける
    ④  沸騰したら弱火にしアクをとる。ふたをし、具が柔らかくなるまで煮る
    ⑤  味噌をときいれる

      ※よく冷ましてから与えましょう。 かつおぶしをトッピングしてもOK

 

今回のレシピではさつまいもを皮つきのまま使用しています。 さつまいもの皮には抗がん作用を含む物質が含まれていて、 皮の近くは特に多くビタミンCが含まれていますから、手作りする際はきれいに洗って皮つきのまま与えると良いです。

 

獣医さんに行くと、つぎつぎにトラブルを抱えた猫ちゃんたちがやってきます。 おしっこが出ない、うんちが出にくいなどのトラブルでやってくる猫ちゃんがとても多くてびっくりしました。 与えている餌が原因の場合もあるので食事管理は大切ですね。 健康で長く一緒にいられるように気をつけたレシピで手作りの餌を作りたいです。

 

人気の記事ランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
error: Content is protected !!