当サイトはいろんな猫ちゃんの種類や性格・年齢・寿命や飼い方などの情報をご提供します。あなたにピッタリな猫ちゃんとの幸せな人生を実現してください。

kind_of_cat-ingredients_death

 

食べ物の成分がもたらす効果は、人間と猫では異なります。 知っているようであまり知らなかったその効能について調べてみました。

 

猫に手作り餌を与える時に考えるべきこと

 

猫のために手作り餌を作って見たいのですが、必要な栄養素や食べやすい食材を調べていく中で、猫にとって危険な食材があることも知っておかないといけないとわかりました。

 

人間にとっては美味しくて栄養のある食材でも、猫にとっては死に至るほど危険な食材があることを知りました。 手作りの餌を与え続けていて、かえって体調が悪くなるようでは困ります。  大切な愛猫のために、手作り餌を作る際には知識と愛情のどちらも持って、健康でいられる手作り餌を作ってあげたいですね。

 

玉葱・長ネギ・ニラなどのネギ類は危険度が高い食材

 

猫を飼ったことがなかった時から、玉葱を食べたらいけないことは知っていましたが、なぜいけないかまでは勉強不足で知りませんでした。

 

玉葱には、アリルプロピルジスルフィドという聞いたことないような難しい名前の成分が入っています。 この成分が血液中のヘモグロビンを酸化して赤血球を破壊すると言われています。 それが溶血性貧血の原因となります。 溶血性貧血になると元気が無くなり、呼吸困難に陥り、治療が遅れると死に至るケースがあります。

 

人間が食べる料理には、玉葱を使ったメニューがたくさんあります。 猫が食卓に現れてついつい玉葱いりのハンバーグなどを食べてしまうことがあるかもしれないので、飼い主さんは気をつけなければなりません。

 

手作り餌の食材として、少量ならば大丈夫という記述を見かけましたが、わざわざ猫に与えなくてもよい食材を手作りの餌に使用する必要はないので、ネギ類のものは使わないでいいと思います。

 

人間が好きなチョコレート・ココアなどのカカオ類も危険な食材

 

カカオに含まれるデオブロミンという成分が、中枢神経を刺激し毒素となります。 デオブロミンの主な働きは、脳を活性化して集中力や記憶力を高めるコトです。 人間にとっては都合の良い成分ですが、猫はデオブロミンをすばやく分解することが出来ずに中毒を起こしてしまいます。

 

猫が食べると危険な致死量は板チョコ一枚くらいだと言われていますが、少しくらいはあげても大丈夫だと思って与えてはいけません。 手作り餌の食材としても不適切なので、猫のおやつや手作りデザートとして使用してもいけません。

 

ぶどう・レーズンで起こる危険な症状

 

ぶどうにはアントシアニンという抗酸化作用のある成分がたくさん含まれています。 猫がぶどうを食べると急性腎不全などの重い症状を引き起こす可能性があります。 症状が悪化すると命に関わってしまいます。

 

猫がぶどうを好んでたくさん食べることはあまり想像できませんが、誤って食べたり、加工品であるレーズンを食べてしまうことがあるかもしれません。

 

干していても成分は変わらず猫にとって危険な食材であることがわかっています。 レーズン入りのお菓子や手作り餌のトッピングなどでレーズンを使用することはやめてください。

 

人間用の医薬品を猫に与えないで!

 

普通では考えられないことですが、猫の死亡の原因の多くに、与える餌だけではなく、人間用の医薬品の使用があげられるのです。

 

医療費の削減のためや、病院に行くほどではないからなどという安易な考えで、猫が犠牲になってしまうなんて悲しいです。

 

飼い主が気をつけさえすれば防げる食べ物での事故が少しでもなくなればいいですね。 もしも猫が間違って危険な食材を口にしてしまったら、吐き出させてすぐに獣医さんに見てもらいましょう。

人気の記事ランキング

error: Content is protected !!