当サイトはいろんな猫ちゃんの種類や性格・年齢・寿命や飼い方などの情報をご提供します。あなたにピッタリな猫ちゃんとの幸せな人生を実現してください。

 

モハーベスポッテドという種類の猫ちゃんは、ある手段を使って絶滅の危機を逃れたものの今もなお希少な種類の猫ちゃんであり、その存在はあまり知られていません。 今回は、モハーベスポッテドの起源に迫り、性格や寿命なども調べてみました。

 

モハーベスポッテドという種類の猫の起源

 

モハーベスポッテドの元となった最初の猫ちゃんたちは、アメリカのカリフォルニア州のモハーベ砂漠に古くから住んでいた猫ちゃんたちです。 名前の由来は、そのまんまモハーベ砂漠の《モハーベ》と、被毛の特徴であるスポット柄を表す《スポッテド》が合わさって名付けられました。 野性味あふれる風格で、ペットとして飼われるような存在ではなく、注目もされていませんでした。

 

ところが、1990年代になってその数が減少し絶滅の危機に陥った時、なんとかこの種類の猫ちゃんを残そうと地元の有志たちが立ち上がりました。 1996年頃からベンガルやアビシニアンといった別の種類の猫ちゃんとの交配が行われ、なんとか個体数を増やすことが出来ました。 ベンガルやアビシニアンが選ばれた理由は、野生の性質を残すためです。 2007年ころからは、個体数も増えモハーベスポッテドどうしでの交配も可能となりました。 現在は、REFRという希少な種類の猫ちゃんを専門に扱う登録団体の公認を得ています。

 

モハーベスポッテドの特徴を知り、性格や寿命を検証

 

モハーベスポッテドの特徴は、野性的な印象を受けるその被毛の柄だと思います。 このヒョウ柄の種類は4種類あります。

① スポッテドタビー ・・・ 大きさが揃った斑点模様
② レパード ・・・ 黄色地に不規則な黒斑点模様
③ ロゼット ・・・ 2色以上のカラーが合わさっているマーブル模様
④ スノーレパード ・・・ シルバーの雪模様

どのカラーがお好みですか?

 

しっぽは短めで、ボブテイルと呼ばれるしっぽの無い種類もいます。 腹ひだという皮膚のたるみがあるのも特徴のひとつです。 大きさは、3キロほどの小柄なものから10キロにもなる大きなものもいるそうですよ、迫力ありそう・・・

 

モハーベスポッテドの性格については、野生の気質が多くみられ、活動的ですが、独立心が強くクールで人に媚びるようなタイプではないと思います。 イメージは一匹オオカミ的な?(言い方古いか) ちょっとペットにするには難しいかもしれません。

 

モハーベスポッテドの平均寿命は、データとしてきちんと報告されているものを探すのが難しかったです。 交配に関わりのあるベンガルの平均寿命は12年から15年くらい、アビニシアンの平均寿命は10年から13年です。 このことを参考とすれば、モハーベスポッテドの平均寿命は13年くらいではないかと推測されます。

 

モハーベスポッテドを飼う時の注意点とお値段の予想

 

モハーベスポッテドは好奇心が旺盛で、自由が好きです。 たくさん動き回りたいのです。 室内で飼うには充分な広さや高さのあるキャットタワーなどを準備して退屈させないように心がけないとストレスを感じてしまいます。

 

実際に入手するとなると日本では難しいでしょう。 かなり希少なのでお値段も結構するはずです。 ベンガルのお値段を参考にするとブリーダーさんからの購入で35万から50万円くらいはするかもしれません。 あまり懐いてくれなさそうな印象をうけたのですが、愛猫とのクールな関係を保ちたい方にはぴったりでしょう。

 

人気の記事ランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
error: Content is protected !!