当サイトはいろんな猫ちゃんの種類や性格・年齢・寿命や飼い方などの情報をご提供します。あなたにピッタリな猫ちゃんとの幸せな人生を実現してください。

 

猫ちゃんにも食べ物の好き嫌いがありますよね。 基本的に猫ちゃんの手作りの餌のレシピには味付けというものは必要ないのですが、具材の大きさや食感によっても食べにくい場合があります。 手作りの餌を続けて食べさせるには、それぞれの猫ちゃんの好みに合った餌のレシピを見つけてあげることだと思います。 そんな中で、今回は猫ちゃんが食べやすい手作りスープのレシピをいくつか紹介します。

 

鮭とお野菜のスープのレシピ

 

材料・・・鮭・にんじん・高野豆腐・かぼちゃ・しいたけ・ブロッコリー・だし汁

作り方・・・① にんじんを小さめに切る
      ② にんじんとブロッコリーを煮る
      ③ ②と、高野豆腐(水で戻したもの)をミキサーで細かくする
      ④ だし汁に③を加えて火を通す
      ⑤ 鮭を食べよい大きさに切る
      ⑥ しいたけ、かぼちゃをみじん切りにする
      ⑦ ⑤と⑥を煮込んで火が通ったらお皿へ
      ⑧ ⑦に④で作ったスープを注ぐ

にんじんは、緑黄色野菜の中でも際立ってβカロテンがたっぷりなお野菜です。 免疫力を高めて、 感染症予防に効果があります。 しいたけも加えると、βグルカンを含み、さらに免疫力が高まりますので健康的なレシピです。

 

手作りの餌に安心して使える鶏のむね肉のスープ

 

材料・・・鶏のむね肉・にんじん・小松菜・もやし・昆布・片栗粉

作り方・・・①  鶏のむね肉は食べやすい大きさに切る
    ②  小松菜・もやしはみじん切りに、にんじんはすりおろす
    ③  鍋に昆布と水を入れて火にかけ、①②を入れて柔らかくなるまで煮る
    ④  水溶き片栗粉でとろみをつけ、食べやすい温度に冷ましてできあがり

にんじんと小松菜は猫ちゃんの手作りの餌のレシピに再々登場します。 すごく使いやすくて大活躍です。 鶏肉の中でも、むね肉はとくに低脂肪・高栄養で安心して猫ちゃんの手作りの餌に使えます。

 

手作りのレシピを上手く成功させるには、食材選びも重要です。 お店で鶏のむね肉を選んで買う時は、肉が厚くて、ツヤがあるものを選ぶといいです。 皮の表面がブツブツと盛り上がっているものが新鮮だそうです。

 

猫ちゃんが大好きな鶏のもも肉を使ったパスタ入りスープ

 

材料・・・鶏のもも肉・ブロッコリー・にんじん・パスタ・ 豆乳 ・くず粉

作り方・・・① 鶏のもも肉は食べやすい大きさに切り、野菜は小さめに刻む
      ② 鍋に湯を沸かし、野菜とパスタを入れて柔らかくなるまで煮る
      ③ 鶏のもも肉をくわえてじっくり煮込む
      ④ 豆乳をくわえてひと煮立ちさせ、水溶きくず粉をいれてとろみをつける
      ⑤ 冷めたらできあがり

猫ちゃんにパスタって食べさせていいのかな?と思いましたが、パスタの主な原料は小麦粉ですし、イタリアの猫ちゃんは普通にパスタを食べているそうです。 それは日本の猫ちゃんたちがお魚を好きでよく食べているというイメージがついたように、それぞれの国の特徴ある食べ物を猫にも与える機会があるためそれらを好む傾向があるということですね。

さて、今回紹介したレシピは猫ちゃんが気に入りそうなレシピだったでしょうか? 猫ちゃんが食べ残しをしないくらいのちょうど良い量の餌を与えてあげてください。 手作りの餌に限らず、ドライフードでもウエットフードでも時間がたつと劣化してしまいます。 犬の場合はわりとすんなりなんでも食べてくれるのですが、猫ちゃんは用心深いのか、お皿に入れても食べたくない時は食べないですよね。 様子を見ていったんお皿をさげるなどして時間のたった餌は食べさせないように気をつけましょう。

 

人気の記事ランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
error: Content is protected !!