当サイトはいろんな猫ちゃんの種類や性格・年齢・寿命や飼い方などの情報をご提供します。あなたにピッタリな猫ちゃんとの幸せな人生を実現してください。

cat-in-the-bag

 

かわいいペットとして飼われていても、猫には野生の動物として過ごしていた性質が残っています。 その性質を挙げると何種類か考えられます。 猫のそういう性質っておもしろいですよね。 中でも狭い場所を好むことは分かりやすい性質の一つです。 特にその場所が暗ければ、その中がどうなっているのか興味を持って覗いたりします。 これは、猫が獲物としていた小さな動物がいる場所と猫に思わせるからなのだそうです。 さらに、狭い場所に猫が自分の身を置くことは、敵から身を守る意味もあります。 猫にとっては、狭い場所に入り込むことで落ち着くこともるそうです。

 

それならば、積極的にかわいい猫のために隠れる場所を作ってあげたくなりますよね。 そんな猫ちゃんが隠れる場所にはどんな種類があるのかみていきましょう。

 

こんな所にまで!おもしろい猫の隠れ場所

 

猫の為にキャットタワーや、覆いのあるタイプの寝床などを購入すれば、手軽に隠れる場所を作ってあげることができますね。 おもしろい見た目の商品もあるので、選ぶ楽しみもあります。

 

ただ、飼い主である人のお部屋のあちこちに猫が隠れられる場所はいくつもあります。 猫が自分で気に入った場所を見つけてくれるので、普段の生活からどんな種類の隠れ場所が好みか観察してあげましょう。 おもしろい猫の行動を観察するのは、猫のためだけでなく、自分が何より楽しいですよね。

 

お部屋に最初からある狭い場所と言えば、家具の隙間、引き出し、こたつの中や布団の中がありますね。 ちょっと種類を変えて、モノで隠れる場所といえば、スリッパ、鞄などの袋物(紙袋、ビニール袋)、段ボールの箱を好むようです。 狭い場所に入ってちょこんとおさまっている猫を見ると、ますますかわいい!と思いますよね。

 

猫のお気に入りの場所によっては、お部屋の中で怪我をしないように対策を立ててあげましょう。 家具の隙間や引き出しをお気にいりの場所にしているようであれば、家具の固定をしっかりする、引き出しを閉めるときに中にいないかどうか必ず確かめるようにしましょう。

 

何種類もの素材がある中でもビニールは特におもしろい様子

 

隠れる場所として袋モノは猫に人気です。 袋の素材の種類では、猫にとっておもちゃの要素も含まれるビニール袋には興味津々です。 触れば形を変えておもしろいですし、同時に出てくる音にも興味を持ちます。 カシャカシャと音に反応している様子もかわいいです。 赤ちゃんのおもちゃでもビニールの音が出るものがありますよね。 ビニールのカシャカシャした音をおもしろいと思うのは猫だけじゃないですよね。 ただ、ここで気を付けたいことがあります。 ビニールでそのまま遊んでしまう場合には注意が必要です。 お子さんがいらっしゃる方なら、赤ちゃんのカシャカシャと音が出るおもちゃには何種類かあり、どれもビニールそのものではないことから分かりますよね。

 

ビニールは誤飲の危険あり。かわいい猫のために気を付けることは?

 

ビニールは、人が多少の力を入れれば簡単に破れてしまうように、猫がおもしろがってビニール袋に入ったり遊んだりしているうちに破れてしまう事があります。 そうでなくても、口でビニールに触れて楽しんでいれば、誤飲の危険性を考えてあげる必要があります。 少量であれば、便と一緒に出てきますが、そうでない場合もあります。 ビニールが口から入ると、腸といった消化器官に詰まることがあるからです。

 

猫がビニールを口に入れたりかじってしまうタイプであれば、誤飲の可能性も高くなるので、遊ばないように対応してあげます。 ビニール袋をお部屋に置かないだけでなく、ゴミ箱にかけておくビニール袋も注意しましょう。

 

吐くことを繰り返したり、食欲がなくなってきたりと、いつもと違う様子であれば、受診します。 また、異物を飲み込んでいると、お腹に違和感があるのか、触ると怒っちゃうコもいるようです。 普段から、仲良くしておくと、こういった変化に気付きやすくなるので、かわいいかわいいと、猫を撫でてあげるようなスキンシップはたくさんしておきたいですよね。

 

ビニールを好んでいたのに、危険だからと突然お部屋からビニールを片付けるようにする時には、猫がおもしろいと興味を持つようなモノを代わりにおもちゃとして少しだけ多めに与えるようにしてあげてください。 かわいい猫にとっては遊びも大切な生活の一部です。

 

猫と一緒にお部屋で過ごすのであれば、猫が好む場所や素材の種類をきちんと把握して、安全に気を配ってあげたいですね。

 

人気の記事ランキング

error: Content is protected !!