当サイトはいろんな猫ちゃんの種類や性格・年齢・寿命や飼い方などの情報をご提供します。あなたにピッタリな猫ちゃんとの幸せな人生を実現してください。

 

ヨークチョコレートてどんな猫の種類

 

アメリカで1983年に生まれた「ブラウニー」と呼ばれる茶色の猫ちゃんが元になっている新しい種類です。 ブラウニーの両親の被毛ははどちらも長毛で、色は父親が黒で母親が白黒でした。 また、ブラウニーと黒の長毛の雄の猫ちゃんとの間に生まれた子猫の被毛は、一匹がチョコレート色で、もう一匹はホワイトとチョコレートとの2色でした。 この被毛の色の特徴に目を付けて飼い主が繁殖を始めました。

 

TICAやCFA、他にFIFeといった大きくて国際的な猫の登録団体ではまだ認められていません。 1990年代から2000年代にかけて、これらとは別の団体であるCat Fanciers’ Federation(CFF)にて「実験品種」として認められたり、Canadian Cat Associationにてチャンピオンシップステータス(CCA)を得ています。

 

ヨークチョコレート猫の寿命・性格・特徴

 

繁殖が始まるきっかけが、被毛の色だった程の猫ちゃんですので、やはりその特徴も被毛になります。 被毛は大きく分けて2種類です。 被毛が単色のソリッド、2色のバイカラーです。 
ソリッドの色にはチョコレートとライラックがあります。 バイカラーは、このそれぞれの色にホワイトが加わっています。 また、子猫の頃よりも成長するにしたがって被毛の色が濃くなっていくのも特徴です。 色以外の被毛の特徴は、とても柔らかいことです。 首元と胸元では被毛に厚みがあります。 また、目の色はゴールドやグリーンです。

 

性格は、落ち着いている一方で、茶目っ気があって人懐っこく、飼い主さんに構ってほしいタイプの猫ちゃんです。 こういった性格の特徴は、飼い方にも影響するので知っておきたいところです。 また、賢く好奇心旺盛な面もこの猫ちゃんの性格にはあるようです。

 

寿命は、13歳~15歳とする海外のサイトがありました。 日本語の記載ではヨークチョコレートの寿命がすぐには見つかりませんので、やはりとても珍しい種類の猫ちゃんのようです。 他の種類の猫ちゃんたちも合わせた一般的な平均寿命が約15歳であることを考えると、ちょっと短いかもしれませんが、だいたい同じくらいの期間を一緒に過ごせると思われます。 猫ちゃんの過ごす環境や健康の状況で、寿命は十分に長くなるはずですので、飼い方などに気を配ってあげたいですね。

 

ヨークチョコレート猫の飼い方、値段は

 

被毛が特徴の猫ちゃんですので、飼い方においてブラッシングには気を配りたいですよね。 頻度はそんなに多くなく、週に1回か2回で十分なようです。 抱っこなど飼い主さんとのスキンシップを好む性格ですので、猫ちゃんと過ごす時間をとるようにすることも飼い方では大事になります。

 

ヨークチョコレートのお値段は、海外のサイトで見ることができます。 珍しいために国内でヨークチョコレートの猫ちゃんを扱っているところを見つけるのは難しいかもしれません。 子猫ちゃんのお値段を調べてみると、$300 ~ $500 USDとの記載がありました。 猫の種類別に、お譲りしてくださる猫ちゃんを提示しているサイトでは、お値段についてまでは書かれていません。 相場のお値段はこの範囲くらいと考えたらよいでしょう。 海外から猫ちゃんを入手するのであれば、輸送にかかるお値段だけでなく、予防接種やお手続きにかかる費用も調べておかなければなりません。 余裕をもって猫ちゃんをお迎えできるよう、経済的な負担はよく確認しましょう。

 

飼い主さんにかまってもらう事を喜ぶ性格が特徴の猫ちゃんです。 抱っこなどを好むので、柔らかい被毛をなでるのも飼い主さんの楽しみの一つになるでしょう。 構ってもらえないと中にはストレスになってしまう猫ちゃんもいるようです。 猫ちゃんの健康や寿命のことを考えると、ペットと長い時間を過ごす飼い方をしたい人に大変向いています。

 

人気の記事ランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
error: Content is protected !!