当サイトはいろんな猫ちゃんの種類や性格・年齢・寿命や飼い方などの情報をご提供します。あなたにピッタリな猫ちゃんとの幸せな人生を実現してください。

 

アメリカ原産のハバリという種類の猫ちゃんがいます。 品種名のハバリは、スワヒリ語で《元気かい?》という意味の言葉だそうです。 今回はこのハバリについて特徴や性格、寿命などを調べてみました。

 

斑点模様を持ちベンガル似の種類のハバリの起源

 

ハバリは、アメリカにある《セレクトアグゾティクス》というキャッテリーが生み出した珍しい種類の猫ちゃんです。 キャッテリーとは、猫飼育と繁殖を行っている場所、あるいは行っている人を表します。 ブリーダーとは違うんかい?って思いますよね。 世界的な猫愛護団体に許可された一部のハイクラスのブリーダーだけがキャッテリーと名乗ることができます。

 

ハバリの外見は斑点模様が美しく、ベンガルを思わせる姿をしていますが、交配に関する情報、どの種類の組み合わせかなどについては正式には公表されていません。 秘密主義なのね、公表したら真似されちゃうから? 謎ですね。

 

ハバリの性格や特徴は?寿命はどのくらいの猫ちゃんなの?

 

ハバリはもともとキャットショーに出ることを目的にして作られたわけではなく、家庭用のペットとして飼うことを目的として改良された猫ちゃんです。 そのため重要視されているのは、性格の穏やかさです。 見た目のワイルドさに比べ、穏やかで優しい性格はギャップがあって良いですね。 人間の場合でもそういう男性ってモテるんでしょ(笑)

 

外見の特徴は、なんといってもその大きさですね。 でかいです!! 体重はなんと普通の種類の猫の約2倍の10キロ以上になります。 中には20キロを超えた超ビッグ・ハバリもいるそうです。 迫力ありますねえ・・・

 

被毛の長さの種類は短毛で、ベンガルの遺伝子が感じられるような斑点模様や雲模様などがあるのが特徴的です。 被毛の色の種類はブラウンとシルバーです。

 

ハバリの寿命は、正式には公表されているものが見つかりませんでしたが、おそらく関わりのあるベンガルの平均寿命を参考とさせていただくと、ハバリの寿命も同じように14歳から16歳くらいではないでしょうか。 体が大きくなり成長するのには時間がかかります。 充分な大きさになるには3年ほどかかるそうなので、その分寿命も長いのではないかと思います。

 

ハバリの飼い方・値段はおいくらくらいかな?

 

ハバリはとてもおとなしいですが大きいので、広々としていてストレスなくゆったり過ごせる空間を用意してあげたいですね。 猫ちゃんには多い病気なのですが、ハバリもやはり泌尿器系の病気にかかりやすいと言われているので、食事管理もしっかりしてあげないといけません。

 

気になるハバリのお値段は、現在ハバリのブリーダーさんの情報を見つけることが出来なくてわかりませんでしたが、ベンガルの値段が35万円くらいだということから、それ以上はしそうだと予想しています。 さらに海外からの輸入の扱いになるため、実際はこれ以上の費用が掛かります。 

 

大型でかっこいいハバリを紹介させていただきました。 日本ではほとんど知られていない種類の猫ちゃんですが、この大きさの猫ちゃんを一度でいいから飼いならしてみたいという願望が沸きました。  

 

人気の記事ランキング

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。
error: Content is protected !!